読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大掃除キッチンのベトベト油汚れにおすすめは?

さてもう年末ですが 、皆様 大掃除はお済みでしょうか ?

 
この時期になると気分が重くなる作業ですが、家の中が汚れたまま年を越すのもなーやらなきゃなーと少し憂鬱な気分になりますよね?
中でも一番憂鬱なのが 水回り !キッチン周りですね。
特にキッチン周りについている油汚れなんか見ると 現実逃避たくなりますよね (;・∀・)
しつこい頑固な油汚れを取るには何が一番いいのでしょうか?

巷では 重曹 重曹と騒がれていますが 私がお勧めするのが セスキ炭酸ソーダです!

おすすめする理由として 
 

第一に

水に溶けやすいこと!

 
キッチン周りの油汚れをとるときは、スプレーにした方がだんぜんやりやすいです。 重曹でスプレーを作ろうすると、なかなか水に溶けず苦労します!それに 時間がたつと固まってしまいます!
セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすい性質なので使いやすいです。
 
つけ置き出来ないところには、汚れを落としたいところに湿布してつけておくこともできます。
湿布のやり方は、キッチンペーパーの二重になってるやつなどを1枚に剥がして湿布したい所に当てて上からスプレーするだけです。
後は少し時間を置いてから拭き取るだけです。
このやり方ならどこでもできますよね。
これを応用すると、風呂場などのカビを取りたいところもカビキラーで湿布なんかも出来ます。
 
 

第2に

使った後白くなりにくい!

 
重曹を使ったことがある方はわかるかもしれませんが油汚れを取った後に乾くと白くなります。セスキ炭酸ソーダなら白くなることがほとんどありません 
セスキ炭酸ソーダも重層法も100円均一で手に入るいますが、この時期 重曹は売り切れてることが多いです。
セスキ炭酸ソーダ重曹ほど知名度が高くないので 売り切れ出ることはほとんどありません。
 
セスキ炭酸ソーダを 使用するときの注意点として アルミには使用しないこと セスキ炭酸ソーダアルカリ性の為変色することがありますのでご注意ください。
シンクにお湯ためてセスキ炭酸ソーダを適量(私は大さじ1杯程入れます)いれて10分ほど待って柔らかいスポンジなどで擦ると、みるみるうちに油汚れが取れます。 皆様も是非 試してみてください。
 
セスキ炭酸ソーダの用途として他には
 カーペットやファブリック ソファーなどの皮脂汚れを取ることが出来ます。
セスキ炭酸ソーダをソファーやカーペットにまいておき、1時間ほど待ってから掃除機で吸って下さい。セスキ炭酸ソーダがソファーやカーペットに付いている皮脂汚れを取ってくれます。
ソファーのファブリックカバーとかは、外すことができないものもあるので試してみてください。
 他には洗濯機に入れる方法もあります。
 洋服についている皮脂を取ってくれたり、衣服に付着した血などもとってくることができます。
 
水周りの水垢などはクエン酸がいいなんて言われてますが、セスキ炭酸ソーダで十分落とせます!
 
何かと重宝するセスキ炭酸ソーダ
試してない方は是非試してみてくださいな(*´∀`)
 
 
それでは皆様大掃除頑張ってください!
 
 
では(*´∀`)
 

f:id:heiwaiyaa:20151229093834j:image